こちらに共通ヘッダが追加されます。

川口健次助教が表面技術協会第134回講演大会で優秀講演賞を受賞

2017年03月16日

川口健次助教が表面技術協会第134回講演大会で第18回優秀講演賞を受賞

 
2016年9月1~2日に開催された表面技術協会第134回講演大会において、研究開発推進機構の川口健次助教が第18回優秀講演賞を受賞しました。
川口助教は、ナノサイズのIrO2粒子がアモルファスのTa2O5マトリックス中に高分散した『ナノ/アモルファスハイブリッド触媒』を作製して酸性水溶液中におけるアノード反応である酸素発生(主反応)とPbO2電着(副反応)に対する反応過電圧を独立に制御することに成功し、その研究内容が高く評価されました。
なお、2017年3月9~10日に開催された表面技術協会第135回講演大会において表彰式が行われました。
 
 

■発表題目

ナノ/アモルファスハイブリッド触媒における反応過電圧・結晶化過電圧
と反応選択性

■発表者

川口健次 (研究開発推進機構 特定任用研究員 助教)

■連名者

盛満正嗣 (理工学部 教授)