こちらに共通ヘッダが追加されます。

理工学部大園享司教授が日本生態学会大島賞を受賞

2018年04月03日

理工学部大園享司教授が日本生態学会大島賞を受賞

 
2018年3月17日に札幌コンベンションセンターにて開催された第65回日本生態学会大会にて、理工学部の大園享司教授が、日本生態学会大島賞を受賞されました。日本生態学会大島賞は、野外における生態学的データの収集を長期間継続しておこなうことなどにより生態学の発展に寄与している研究者に授与される賞です。大園教授は、多様な菌類群の生態と機能に関する研究を、熱帯から極域に至る地球規模のスケールで長期にわたり継続的に進めた成果が評価され、受賞の運びとなりました。  
 
受賞者 大園享司(理工学部教授)  
題目 環境変化と菌類群集:熱帯から極域まで