1. 理工学部/大学院理工学研究科ホーム
  2. 2022年度のニュース一覧
  3. 2022年3月9日~11日に開催された、日本音響学会2022年春季研究発表会において、理工学研究科情報工学専攻の岩本一真さんが「学生優秀発表賞」を受賞しました。

2022年3月9日~11日に開催された、日本音響学会2022年春季研究発表会において、理工学研究科情報工学専攻の岩本一真さんが「学生優秀発表賞」を受賞しました。

'22年11月9日 更新
 2022年3月9日~11日に開催された、日本音響学会2022年春季研究発表会において、理工学研究科情報工学専攻の岩本一真さんが「学生優秀発表賞」を受賞しました。
 岩本一真さんは、シングルチャネル音声強調による音声認識性能の向上効果が限定的である問題に対して、その主な要因がeartifと呼ばれる信号であることを実験的に示しました。更に、原音付加技術がeartifの影響を低減させる効果があることを数理的・実験的に示し、原音付加技術を用いることで、シングルチャネル音声強調においても音声認識性能を改善し得ることを見出しました。

受賞名
学生優秀発表賞

発表題目
シングルチャネル音声強調における音声認識性能の劣化要因の分析

発表者
岩本 一真
理工学研究科 博士課程(前期課程)情報工学専攻 2年次生(理工学部 情報システムデザイン学科卒業)

連名者
落合 翼・デルクロア マーク・池下 林太郎・佐藤 宏・荒木 章子
NTT

片桐 滋
理工学部 教授
 2022年3月9日~11日に開催された、日本音響学会2022年春季研究発表会において、理工学研究科情報工学専攻の岩本一真さんが「学生優秀発表賞」を受賞しました。
 岩本一真さんは、シングルチャネル音声強調による音声認識性能の向上効果が限定的である問題に対して、その主な要因がeartifと呼ばれる信号であることを実験的に示しました。更に、原音付加技術がeartifの影響を低減させる効果があることを数理的・実験的に示し、原音付加技術を用いることで、シングルチャネル音声強調においても音声認識性能を改善し得ることを見出しました。

受賞名
学生優秀発表賞

発表題目
シングルチャネル音声強調における音声認識性能の劣化要因の分析

発表者
岩本 一真
理工学研究科 博士課程(前期課程)情報工学専攻 2年次生(理工学部 情報システムデザイン学科卒業)

連名者
落合 翼・デルクロア マーク・池下 林太郎・佐藤 宏・荒木 章子
NTT

片桐 滋
理工学部 教授
関連情報
お問い合わせ先
理工学部・理工学研究科研究室事務室
TEL:0774-65-6211
FAX:0774-65-6801
E-mail:jt-koukn@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)