情報数理工学研究室

教員

程 俊(教授)Jun CHENG

DB

研究分野通信理論と通信技術
研究室YE-215
TEL0774-65-6295
FAX0774-65-6801
研究室のHPhttp://italab.doshisha.ac.jp/
E-mailjcheng@mail.doshisha.ac.jp

木村 共孝(准教授)Tomotaka KIMURA

DB

研究分野情報通信ネットワークの設計と分析
研究室YE-214
TEL0774-65-6294
FAX 
研究室のHPhttp://italab.doshisha.ac.jp/
E-mailtomkimur@mail.doshisha.ac.jp

研究内容

当研究室では、「情報理論・符号理論・通信理論」の考え方を基礎にして、情報システムにおいて情報を「より速く、より正確に」伝送する方法を探求している。

「より正確に、より速く」:多端子通信路の性能・符号化法・復号法の研究

放送、衛星通信、電話回線網などの通信システムは、それぞれ、多数のユーザが一つの通信システムを共有して各ユーザの情報を送信し、受信している。このような通信システムは多端子通信路と呼ばれている。多端子通信路による情報伝送で問題となるのは、ユーザ間干渉をなくすこと、より速く情報を伝送すること、そして雑音による送信データの劣化対策である。研究内容として、多端子通信路を介したより良い通信環境の構築を目的に、様々な通信システムをモデル化して、各モデル毎にその性能、特徴、符号化法、復号法などを研究している。この研究は無線LANや携帯電話網などの多端子通信システムに応用できる。

主な研究課題は

  1. 通信路の情報伝送能力の分析
  2. 誤り訂正可能な多ユーザ符号とその復号法
  3. アレーアンテナを用いた適応信号処理
  4. 符号分割多重通信(CDMA通信)
  5. MIMO(Multi-Input Multi-Output)

である。
「より正確に、より速く」:多端子通信路の性能・符号化法・復号法の研究