1. 理工学部/大学院理工学研究科ホーム
  2. 2019年度のニュース一覧
  3. ALCA実用技術化プロジェクト「水素/空気二次電池の開発」公開成果報告会実施のお知らせ

ALCA実用技術化プロジェクト「水素/空気二次電池の開発」公開成果報告会実施のお知らせ

'19年7月22日 更新
理工学部 環境システム学科 盛満 正嗣 教授 は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)において、2012年10月から安心・安全で高いエネルギー貯蔵能力を有する新型二次電池である「水素/空気二次電池(HAB)」の開発を行ってきました。
この度、約7年間にわたる研究の成果を広く公表するため、下記の日程で公開成果報告会を開催します。
同時に、共同で研究を進めてきた大分大学、FDK株式会社、日本重化学工業株式会社、東洋アルミニウム株式会社とともに、今回が初公開となるHABの技術展示も行いますので、ぜひご参加ください。
理工学部 環境システム学科 盛満 正嗣 教授 は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)において、2012年10月から安心・安全で高いエネルギー貯蔵能力を有する新型二次電池である「水素/空気二次電池(HAB)」の開発を行ってきました。
この度、約7年間にわたる研究の成果を広く公表するため、下記の日程で公開成果報告会を開催します。
同時に、共同で研究を進めてきた大分大学、FDK株式会社、日本重化学工業株式会社、東洋アルミニウム株式会社とともに、今回が初公開となるHABの技術展示も行いますので、ぜひご参加ください。

さらに詳しい情報はALCA実用技術化プロジェクト「水素/空気二次電池の開発」公開成果報告会でご案内しています。

参加申込み方法や本件に関する問い合わせ先等については、こちらのページをご覧ください。

サムネイル