1. 理工学部/大学院理工学研究科ホーム
  2. 2019年度のニュース一覧
  3. 2019年10月15~18日に開催されたACCC7において、理工学研究科応用化学専攻の畑 真知さんが、IUPAC Poster Prizeを受賞しました。

2019年10月15~18日に開催されたACCC7において、理工学研究科応用化学専攻の畑 真知さんが、IUPAC Poster Prizeを受賞しました。

'19年10月23日 更新
 がん細胞選択的に作用する抗がん剤の開発を目指してamide-tether型配位子の二核銅錯体を合成した。高いDNA酸化切断活性を示すが、細胞毒性が低い二核銅錯体に大きな芳香環であるフェナントレンをDNA結合部位として導入した。このフェナントレンを持つ二核銅錯体では細胞膜透過能が向上し、高い細胞毒性を示すことを見出した。

受賞した賞
ACCC Poster Prize

発表題目
DNA Cleavage and Cytotoxicity of Dicopper Complexes with Amide-Tether Ligands Having a DNA-Binding Site

発表者
畑 真知 理工学研究科 博士課程(前期課程)応用化学専攻1年次生

連名者
角谷 優樹 理工学研究科 博士課程(後期課程)応用化学専攻2年次生
人見  穣 理工学研究科 教授
小寺 政人 理工学研究科 教授

hata
 がん細胞選択的に作用する抗がん剤の開発を目指してamide-tether型配位子の二核銅錯体を合成した。高いDNA酸化切断活性を示すが、細胞毒性が低い二核銅錯体に大きな芳香環であるフェナントレンをDNA結合部位として導入した。このフェナントレンを持つ二核銅錯体では細胞膜透過能が向上し、高い細胞毒性を示すことを見出した。

受賞した賞
ACCC Poster Prize

発表題目
DNA Cleavage and Cytotoxicity of Dicopper Complexes with Amide-Tether Ligands Having a DNA-Binding Site

発表者
畑 真知 理工学研究科 博士課程(前期課程)応用化学専攻1年次生

連名者
角谷 優樹 理工学研究科 博士課程(後期課程)応用化学専攻2年次生
人見  穣 理工学研究科 教授
小寺 政人 理工学研究科 教授

関連情報