1. 理工学部/大学院理工学研究科ホーム
  2. 2021年度のニュース一覧
  3. 二次電池展(バッテリージャパン)で共同研究成果を展示、日経XTECHで紹介されました。

二次電池展(バッテリージャパン)で共同研究成果を展示、日経XTECHで紹介されました。

'22年3月22日 更新
本学大学院理工学研究科の盛満正嗣 教授と共同研究を行っている三井金属鉱業(株)は、2022年3月16日~18日まで東京ビッグサイトで開催された二次電池展(バッテリージャパン)に、共同研究の成果物である電池用負極材料の亜鉛箔とこれを用いた亜鉛ニッケル二次電池の特性を展示しました。

亜鉛ニッケル二次電池は次世代蓄電デバイスの一つとして開発されているもので、EV電源や再エネ電力の貯蔵などへの展開が進められています。
今回の展示内容は、2019年6月に本学が代表機関として設立した「金属二次電池コンソーシアム」のもとで、本学と三井金属鉱業(株)が実施した共同研究の成果です。

この展示内容は二次電池展の最終日である2022年3月18日に、日経XTECH電子版で速報されました。
二次電池展は毎年開催されており、電池分野では世界最大級の専門展です。
本学大学院理工学研究科の盛満正嗣 教授と共同研究を行っている三井金属鉱業(株)は、2022年3月16日~18日まで東京ビッグサイトで開催された二次電池展(バッテリージャパン)に、共同研究の成果物である電池用負極材料の亜鉛箔とこれを用いた亜鉛ニッケル二次電池の特性を展示しました。

亜鉛ニッケル二次電池は次世代蓄電デバイスの一つとして開発されているもので、EV電源や再エネ電力の貯蔵などへの展開が進められています。
今回の展示内容は、2019年6月に本学が代表機関として設立した「金属二次電池コンソーシアム」のもとで、本学と三井金属鉱業(株)が実施した共同研究の成果です。

この展示内容は二次電池展の最終日である2022年3月18日に、日経XTECH電子版で速報されました。
二次電池展は毎年開催されており、電池分野では世界最大級の専門展です。
関連情報
お問い合わせ先
理工学部・理工学研究科研究室事務室
TEL:0774-65-6211
FAX:0774-65-6801
E-mail:jt-koukn@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)