1. 理工学部/大学院理工学研究科ホーム
  2. 2022年度のニュース一覧
  3. 2022年11月24日~25日に開催された、第12回イオン液体討論会において、理工学研究科応用化学専攻の徳舛奈々さんが「優秀ポスター賞」を受賞しました。

2022年11月24日~25日に開催された、第12回イオン液体討論会において、理工学研究科応用化学専攻の徳舛奈々さんが「優秀ポスター賞」を受賞しました。

'22年12月13日 更新
 2022年11月24日~25日に開催された、第12回イオン液体討論会において、理工学研究科応用化学専攻の徳舛奈々さんが「優秀ポスター賞」を受賞しました。
 一般にセルロースには多くの結晶構造が知られており、天然に存在するⅠ型と、これを溶解して再生してえられるⅡ型がよく知られており、これらはセルロース鎖が平行か逆平行かで区別されます。徳舛さんはイオン液体を用いたセルロースの結晶構造変化の研究に取り組み、セルロースと共結晶構造を形成するイオン液体をもちいてセルロースを再生すると、Ⅱ型がより多く生成することを明らかにし、また共結晶におけるセルロースの局所構造と関連づけることに成功しました。その研究内容と発表が高く評価されました。

受賞名
優秀ポスター賞

発表題目
セルロース/イオン液体系共結晶が再生セルロースに与える影響

発表者
徳舛 奈々
理工学研究科 博士課程(前期課程)応用化学専攻 1年次生(理工学部 機能分子・生命化学科卒業)

中野 剛瑠
理工学研究科 博士課程(前期課程)応用化学専攻 2年次生(理工学部 機能分子・生命化学科卒業)

連名者
木村 佳文
理工学部 教授

遠藤 太佳嗣
理工学部 准教授
 2022年11月24日~25日に開催された、第12回イオン液体討論会において、理工学研究科応用化学専攻の徳舛奈々さんが「優秀ポスター賞」を受賞しました。
 一般にセルロースには多くの結晶構造が知られており、天然に存在するⅠ型と、これを溶解して再生してえられるⅡ型がよく知られており、これらはセルロース鎖が平行か逆平行かで区別されます。徳舛さんはイオン液体を用いたセルロースの結晶構造変化の研究に取り組み、セルロースと共結晶構造を形成するイオン液体をもちいてセルロースを再生すると、Ⅱ型がより多く生成することを明らかにし、また共結晶におけるセルロースの局所構造と関連づけることに成功しました。その研究内容と発表が高く評価されました。

受賞名
優秀ポスター賞

発表題目
セルロース/イオン液体系共結晶が再生セルロースに与える影響

発表者
徳舛 奈々
理工学研究科 博士課程(前期課程)応用化学専攻 1年次生(理工学部 機能分子・生命化学科卒業)

中野 剛瑠
理工学研究科 博士課程(前期課程)応用化学専攻 2年次生(理工学部 機能分子・生命化学科卒業)

連名者
木村 佳文
理工学部 教授

遠藤 太佳嗣
理工学部 准教授
関連情報
お問い合わせ先
理工学部・理工学研究科研究室事務室
TEL:0774-65-6211
FAX:0774-65-6801
E-mail:jt-koukn@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)