国際交流・留学制度

double_d_p_01

留学制度について

本学では様々な留学制度や研修プログラムを整えて、学生のみなさんの留学をバックアップしています。ここでは、理工学部・理工学研究科で締結している制度についてご紹介します。
これらのプログラムは在学留学であり、本学に在籍したまま海外の協定校へ留学するので休学する必要はありません。また、どの留学制度も原則、派遣先大学での学費は免除されます。渡航費や現地での滞在費、雑費などは自己負担です。


卒業論文短期派遣制度

概要

理工学部は、本学の教育理念のひとつである国際主義に基づき、グローバルに活躍する研究者育成、卒業論文指導の一環として、海外への短期派遣を認めています。

プログラム

具体的には、卒業論文に関する調査研究活動や成果発表を海外の派遣先(大学・企業を含む)で、2週間以上6ヶ月以内の期間行うもので、卒業論文や大学院進学時の研究実験の取組みに発展性をもたらすことを目的としています。

Aタイプ:自己提案型

申請者が、指導教員を通じて、派遣先と調整を行った後、学内選考を経て短期派遣留学を行う。

Bタイプ:学位取得を目的としない留学プログラム適用型

学位取得を目的としない留学プログラム(短期)として、学内選考を経て短期派遣留学を行う。

募集要項・提出書類

理工学部卒業論文Ⅰ・Ⅱ短期派遣留学募集要項[PDF 170KB]
理工学部卒業論文Ⅰ・Ⅱ短期派遣留学申込書[PDF 293KB]
理工学部卒業論文Ⅰ・Ⅱ短期派遣留学同意書[PDF 66KB]