1. 理工学部/大学院理工学研究科ホーム
  2. 特色ある取り組み
  3. 国際交流・留学制度(留学前、留学中も充実のサポート体制)

国際交流・留学制度

自分の可能性に、国境はない。 留学前、留学中も充実のサポート体制

留学前、留学中も充実のサポート体制

1.出発前の危機管理オリエンテーション
みなさんの危機管理の意識を高め、留学先でも安全に過ごせるように、出発前に危機管理オリエンテーションを実施しています。また、いざというときに在外公館などから緊急時情報提供を受けられるよう外務省が実施している「たびレジ」の登録をお願いしています。
2.同志社へ留学中の学生による語学レッスン
これまでダブルディグリーに挑戦した先輩方のほぼ全員が、語学の面から現地での授業に苦労したそうです。そこで始まったのが、協定校から本学へ留学中の学生による語学レッスンです。日常会話から研究で使う用語、現地の学校の情報なども教えてもらえます。留学前の準備としてご活用ください。
3.留学先の担当者によるサポート
留学中は派遣先の国際担当者に何でも相談できます。慣れない環境で頑張るあなたの心強い味方になってくれるはずです。困ったときはどんどん活用してください。また、本学では留学中のケガや病気に備えられるよう、保険会社と協定を締結し、割安な保険料で申し込める海外留学保険を提供し、加入をお願いしています。診察はキャッシュレスで受診でき、もし診療費がかかった場合でも帰国後に返還されます。

国際交流・留学制度を利用したモデルスケジュール

交換留学なので、派遣先への学費は不要です。

留学中も本学への通常の学費納入は必要ですが、留学先大学への支払いはありません。生活費に関しても寮に入れば費用を抑えることができ、海外留学保険や渡航費なども計画的に準備をすれば安く抑えることができます。

奨学金について

同志社大学 派遣留学促進のための奨学金
本学から外国協定大学に派遣する優秀な留学生には、派遣留学期間が6ヶ月未満の場合は15万円、6ヶ月以上の場合は30万円を支給する奨学金があります(2017年度実績)。

日本学生支援機構(JASSO)奨学金
日本学生支援機構による海外留学支援制度(大学院学位取得型)では、修士または博士の学位取得を目指して留学する学生に対し、月額8万9千円~14万8千円(2017年度実績)が支給されます。

トビタテ!留学JAPAN奨学金
留学を通じて素養を身につけ、将来世界で活躍することを目指している学生に対し、月額12万円~16万円(2016年度実績)が支給されます。

留学先の奨学金制度
フランス政府給費留学生など、外国政府の奨学金に出願できる場合もあります。
いずれの奨学金制度も成績や試験等による選考があります。
申請期間も異なりますので、募集要項などを確認し、自分の希望する留学期間に合わせて支給されるよう計画を立てましょう。